大成殿

大成殿

至聖廟(孔子廟)の本殿

至聖門をくぐり、正面に見える屋根に赤い琉球瓦が載った弁柄(べんがら)色の建物が大成殿、至聖廟の本殿です。会員の揮毫による畳1枚ほどの 「大成殿」 の扁額が輝き、各地の廟と同じく南向きで建っています。中央には孔子像と神位が、左右に四配(顔子、曾子、子思子、孟子)の神位が置かれています。丹墀には曲阜の大成殿を模した2本の龍柱が屋根を支え、階段には孔子を迎えるために石龍陛がはめ込まれています。彫刻された龍の爪は皇帝と同じ5本爪です。観光客に加え、家族繁栄や学業成就、合格祈願に多くの人が訪れます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 久米崇聖会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.