施設案内

  • HOME »
  • 施設案内

access

久米至聖廟(久米孔子廟)の沿革

久米至聖廟(孔子廟)は那覇市久米村に建てられた儒学の祖・孔子とその門弟(四配:顔子・曾子・子思子・孟子)を祀る廟です。

久米村総役紫金大夫金正春が孔子廟建立を尚貞王に願い出て許可を得、寄付や公費により泉崎橋頭の久米村の地に朱塗りの廟が完成しました。さらに孔子や四配の塑像を安置して1676年(延宝4年)新築落慶しています。聖廟で行われる釋奠祭禮はこの年から始まり、戦争前まで旧暦2月と8月の最初の丁(ひのと)の日の年2回行われてきました。

明治以降、至聖廟の国有化、那覇区への譲渡、久米崇聖会への譲渡を経て来ましたが先の第2次世界大戦で廟など全て焼失しました。現在孔子像の立つ国道58号線沿い那覇商工会議所隣の至聖廟跡地はかつて石垣とふくぎの木々に囲まれた800坪余の廟地でしたが、米軍が軍道1号線を通したため敷地が分断され、同じ場所での復興が不可能となり、至聖廟の復興を願う久米村の先輩達は若狭の天尊廟跡を選び、昭和50年に天妃宮・天尊廟と合わせて至聖廟(天尊廟地)を建立しました。しかし久米村の人々はゆかりの地での至聖廟再興を願い続け、平成26年那覇市の協力を得て久米の地へ至聖廟(久米至聖廟)を建設しました。昭和19年に戦争で焼失してから69年、若狭での復興から38年を経て久米の地へ帰ってきました。

平成25年9月28日に新廟で初めて行われる釋奠では戦後途絶えていた啓聖祠の祭りも復活し、名実ともに復興いたしました。

本ホームページでは下記のように表記いたします。
場所につきましては「アクセス」のページをご覧下さい。

  • 至聖廟跡地(那覇商工会議所隣)
  • 天尊廟地(波の上)
  • 久米至聖廟(現在地)
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 久米崇聖会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.