釋奠のながれ

sekitentop
孔子神位前のお供物。真上に萬世師表の扁額、左側に曾子・孟子 右側に顔子・子思子前のお供物。

釋奠祭禮式次第

  1. 釋奠祭禮開始(せきてんさいれいかいし)
  2. 執事就位(しつじしゅうい)
    全執事が各自の持ち場につく
  3. 祭主就位(さいしゅしゅうい)
    祭主は、引禮に先導され大成殿に対す
  4. 啓扉(けいひ)
    至聖門開扉準備
  5. 迎神(げいしん)
    祭主は、参列者と共に至聖門に向き、孔子を迎える
  6. 進饌(しんせん)
    執事がお供物の蓋を取る
  7. 上香(じょうこう)
    祭主は、洗手所で手を浄め、正位と四配に上香する
  8. 初献禮(しょけんれい )
    祭主は、正位と四配に、帛(はく)(絹織物)と爵(しゃく)(神酒)を献ずる
  9. 祝文奉読(しゅくぶんほうどく)
    孔子に対し、祝文官が祝文を奉読する
  10. 亜献禮(あけんれい)
    祭主は2度目の爵を献ず
  11. 終献禮(しゅうけんれい)
    祭主は3度目の爵を献ず
  12. 来賓上香(らいひんじょうこう)
    来賓および崇聖会代表は、引禮に先導され上香する
  13. 飲福受胙(いんふくじゅそ)
    祭主は、孔子よりお下がりの、福酒と福胙を代表して頂戴する
  14. 撤饌(てっせん)
    執事が、お供物に蓋をする
  15. 送神(そうしん)
    祭主、参列者ともに孔子をお送りする
  16. 燎祝文(りょうしゅくぶん)
    祝文、帛、爵の順に燎所に向かい祝文をあぶる
  17. 闔門(こうもん)
    至聖門を閉じる
  18. 撒班(さんぱん)
    祭主、全執事は、開始前の位置に戻る
  19. 釋奠祭禮終了
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 久米崇聖会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.