天尊廟(天尊廟地)

天尊廟

民を助ける神

天尊廟は現世の邪悪を絶滅して民を助ける「九天応元雷声普化天尊」という道教の神を祀ってあります。廟内は正面に天尊、向かって右側に関帝廟、左側に龍王殿が配されています。三体の神様が同居する理由は、もともと夫々の廟に祀られていたようでしたが、龍王殿が暴風雨で倒壊したので、三体合わせて天尊廟に祀ったと伝えられています。その廟は沖縄戦で焼失しましたが、昭和50年に再興しました。

関帝廟は三国志で有名な義に生きた関羽が神格化されて祀られています。武神とされるばかりではなく、商人からは財神すなわち商売繁盛の神とされています。

龍王殿は水や風雨を治める龍王を祀っています。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 久米崇聖会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.